東北の民俗芸能復興を応援する活動のリンク

2000年11月03日

蓑尾谷の秋祭と山鳥追い

今年は県の伝統文化調査事業に関わることになり、箕尾谷(みのおだに)の秋祭りの取材へ。蓑尾谷は名前の通り山深い谷にあり、本宮町お隣の熊野川町に近い所にある集落です。
朝7時に箕尾谷に行き昨日電話させていただいたKさん宅にうかがうと、家の前でKさんは、お祭りに使う御幣の到着を待っていました。

minoodani-5.jpg

秋祭の行われる蓑尾谷の神社

この地区のお祭りがなぜ伝統文化調査の対象になったのかというと、お祭りの中で行われる「山鳥追い」という行事が珍しいからなのです。「山鳥追い」の「山鳥」とは、檜を紐状にした「ヒヨ」(幅1cm、厚さ1mm、長さ1m)で作った、山鳥のような長い尾のついた形をしたカゴの事で、お祭りではそのカゴにゆでた里芋をいれて、焚火の中へ放り込むのだそうです。

町内ではもう一箇所、久保野(旧・栗垣内《くりがいと》)地区にある八川神社のお祭りの中に「山鳥追い」の行事があり、そこでは里芋でなく餅を使います。縄に餅2つを吊って縄の両端を3〜4cm位の竹の竿につけておき、参列者が餅をとりあうということで、私は未見ですが、町のなかに様式の違う2つの「山鳥追い」があるというのも面白い事です。



祭について以下にまとめてみました。

minoodani-2.jpg

 山鳥追いに使う籠

・開催日・・・旧歴11月1日、現在は11月3日に斎行。
・場所・・・集落奥の林道から少し上がった所にある高倉神社(町史では八川神社と記載)。
 お宮さんは元々2キロ先の所にあったのを移転した。
 蓑尾谷地区には犬神、山神、地主神、八幡様が祀られている。
 祭りの日は川向こうの犬神さんにも参る。
・祭の進行・・・神社に前日から注連縄で結界を張り幣を立てる。
 当日朝、供物を捧げてから餅まきをする。
 昔は午前2時から一番太鼓、二番太鼓で地区をまわり、午前3時からたき火をした。
・お供物・・・大根、椎茸、林檎、梨、魚、白菜、餅、里芋、御神酒、赤飯。
 昔は生きた鯉もお供えした。今供えている魚は「ハイ」。
 わっぱに入れた酒めしは、お供えした後赤飯と一緒に配る。

minoodani-3.jpg

酒めしを入れる"わっぱ"

・かつては餅投げの前にたき火に"山鳥"を放って「山鳥追い」をし、餅投げをした。
・当屋は昔は十津川の玉置山に10月22日の晩から行き(切原の川を昭和25年位迄船で渡った)23日に帰って1週間前から川で水垢離をし、祭り前日には本宮大社に行ったが今はしていない。
・祭りに使用する道具は、昔は八橋(やつはし。お供えを置く台。足が8本)、早朝に地区の人を起すための太鼓・鉦(現存)・お供えの酒めしを入れるわっぱ、神主の帽子(今はない)。7人の大人が背と片手に持つような荷物があった。

minoodani-4.jpg

地区の人に祭の時を知らせる太鼓と鉦と撥

・山鳥は火をつけてからたき火に放る(山鳥の中にはゆでた里芋が入っている)。祭りには山鳥を3つ作った。
・注連縄、幣は地区の人で作る。幣は1mが14本(昔は24本)、50cmのものが「幣元」。10月24日が籠作りで幣や籠を作った。



しかし残念な事に蓑尾谷のお祭りは現在過疎化のせいで簡略化され、1985年頃まであった「山鳥追い」は今はしていないとのこと。しかも「山鳥」は毎回のお祭りで火の中で燃やすので、現存しているものはないという事でした。でもお祭りの行われる神社にうかがえて、お祭りがもっと早朝から行われていた頃に使われていたという、時を知らせる一番太鼓に使われた締め太鼓や鉦、お供え物の酒めし(ごはんにお酒をかけたもの)を入れる、檜で作られたわっぱなどを撮影させていただきました。

今日は神事の取材のみのつもりで来ましたが「姉やんも来いよ」とお誘いいただき、近畿のお祭り恒例・餅まきにまで参加(雨天の為、NHKのドラマ『ほんまもん』の撮影でも使われた公民館で行われました)。お祭りのために地区に帰郷された方も多い中、私もお餅やお菓子をいただいて帰ってきました。箕尾谷の方々、取材に御協力いただきありがとうございました。



蓑尾谷の神社付近の風景

付記

2001年11月3日にも、蓑尾谷の秋祭りに呼んでいただきました。ここの神社の御神木は樹齢推定200年ぐらいのバベ(ウバメガシ)の大木です。町内でもこんな大木は、他に見たことありません。本当はメインのお社に参ったあとに川むこうのイヌガミさんにお参りするのですが、去年もそうだったけれど雨で渡れず、残念。お供えをしてから公民館で餅まきに参加させていただきました。Masaさん、呼んでくださってありがとうございました。
タグ: 本宮町
posted by そま@み熊野ねっと at 22:40 |
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。