東北の民俗芸能復興を応援する活動のリンク

2002年08月15日

本宮町の盆踊り・後編

温泉に行き、今日は友人も一緒に、またまた盆踊りツアー♪

はじめは大瀬地区の「大瀬の太鼓踊り」へ。最初にいらした数人の方が太鼓と踊りを披露してくださった後、8時頃から地区の方や帰郷された方々が集まって、いよいよ本格的に踊りの開始です。こちらの盆踊りの曲は元々は200曲ほどあり、現在の開催は約2日ですが、昔は何日にも渡って踊られていたのだとか。トリの「太鼓踊り」は「お庭まいり」「へんよう」「しんのび」「おたか」の4つの基本形があって、その4つの踊りが切れ目なく続くのだそうです。

現在は過疎化で規模は縮小されているものの、私は踊りのまん前に居させていただき、目の前で繰り広げられる太鼓と踊りに迫力と凛々しさを感じました。さすが無形文化財。地区の方々にもご親切にしていただき、ありがとうございました♪(*^^)/。・:*:・°★,。・:*:・°☆

大瀬の太鼓踊り

大瀬の太鼓踊り


その後は山村開発センターの広場で開催されている盆踊りの中でPM9:30から予定されていた「平治川の長刀踊り」を見に行ったら、「今日はもう済んでしもうたよー。」と言われ、ヽ(。_゜)ノへっ?そうなんすか??にゃんと!この数日でわかったけれど、盆踊りは観光イベントとはまた違う、地元の方の為の催しなので地元の都合で流動的に予定が変化してゆくもののようです。うう・・・(T-T)まだ今年の「熊野地域郷土芸能大会」で「長刀踊り」を見ておいてよかった・・・。

その次は萩地区の「餅搗き踊り」へ。地区に昔から伝わるという盆踊りの後、トリが餅搗き踊りだと聞いたので楽しみにしていたら、「は〜い、皆さんお疲れさんでした。(^^)」と、なんと盆踊りは終わってしまいました。Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン!今年は男性の人手が足らず、餅搗き踊りは踊れなかったそうです。うう・・・またも残念・・・(*ノ_<*)来年こそは〜。

土河屋盆踊り

土河屋のお夏清十郎踊り

さてラストは土河屋地区の無形文化財「お夏清十郎踊り」へ。こちらは夜遅くまで盛り上がるとのこと、10時頃着いたら、まだまだ他の曲の踊りの最中でした。草津節や東京音頭等、レパートリーが広いこと広いこと。もともと土河屋地区は筏で賑わった船着場で、水路を通じて入ってきた踊りが現在でも継承されているのだとか。お夏清十郎踊りも、そのひとつだそうです。大瀬地区でばったり出会った某M新聞社のYさんも、後から取材にやって来ました。

PM11時30分頃、いよいよお夏清十郎踊りの開始です。男女2列に分かれて向き合って、男性は締め太鼓を演奏しながら、女性は日の丸扇子を両手に持ち、踊ります。無形文化財を現地で目の前にできるっていうのは私にとってはすごい贅沢なこと。町は文化財の宝庫なのだなあ、とあらためて感じました。

Uさんはじめ地区のみなさん、ご親切にしていただきありがとうございました。\(*^▽^*)/

本宮町の盆踊りについてはこちらをどうぞ
http://www.mikumano.net/hongu-archive/bonodori.html
posted by そま@み熊野ねっと at 23:58 | 伝統芸能

2002年08月14日

本宮町の盆踊り・前編

お盆に帰っていらっしゃる御先祖様の御供養に、8月13日〜15日は、本宮町内のあちこちで盆踊りです。♪(ノ^^)ノ(ノ^^)ノ♪ 本日は本宮地区の「ハイヤハー踊り」と、20曲以上はある伏拝(ふしおがみ)地区の盆踊りと、土河屋(つちごや)地区の盆踊りを、デジカメ持って駆け回りました。C= C= C=┌( ・_・)┘→→→

伏拝の盆踊り

こちらは伏拝地区の盆踊りから、「かさくずし」です。


本宮町の盆踊りは無形文化財に指定されているものが多く、土河屋では「お夏清十郎踊り」が無形文化財に指定されていて、Uさんに御紹介いただいて私がその踊りを見に来たのがわかると、「え〜、今日は取材の方がみえておるので、お夏清十郎踊りを。(^^)」と、特に本日は予定されていなかった踊りを披露してくださいました。いやはや、ありがとうございます。(*^ - ^*)ゞポリポリ 今日は練習とのこと。明日、また盆踊りのはしごをしますので、取材にうかがいます♪

あちこちで盆踊りの歌声が響く中、うきうきした気分で帰宅したのでした。

本宮町の盆踊りについてはこちらをどうぞ
http://www.mikumano.net/hongu-archive/bonodori.html
posted by そま@み熊野ねっと at 22:08 | 伝統芸能
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。