東北の民俗芸能復興を応援する活動のリンク

2007年01月28日

じゅげむじゅげむ

「まがりせんべい」を食べていたら、個々の包装紙に「まがり」に関するまめ知識が書いてあり、ふと見ると

「マガリノカナハシノミヤ・・・」

とありました。
引用しますと

「マガリノカナハシノミヤニアメノシタシロシメシシスメラミコト」
なんて長い名前!西暦466年から4年間だけ即位した第27代天皇です。なが〜い名前だけどみじか〜い在位でした。都は、匂金橋宮(現在の奈良県橿原市)にあったと日本書紀に記述があります。


と、書いてありました。一番長い名前の天皇というと、この方にあたるのでしょうか??なんだかじゅげむじゅげむみたいなかんじですね。3回続けて言えるかどうか、チャレンジしてみてはいかがでしょう。
posted by そま@み熊野ねっと at 21:09 | 日記

2007年01月26日

ニートにきこり?

午前中、晴れ。久々に語り部で、関東からのご一行様を熊野古道の発心門王子から本宮大社旧社地・大斎原(おおゆのはら)までご案内しました。

昼ごろから雨という予報でしたが、お昼休憩をとった伏拝王子前の伏拝茶屋(冬季休業)でも雨にふられずにお弁当をいただき、無事本宮大社まで傘をささずにご案内することができました。

途中の古道では杉や檜の植林地で山仕事のお話をしていたら、お客さんの1人が
「都会のニートの子達、こういうところで仕事をさせたらいいのよ!」
と、おっしゃいました。
なるほど、真逆の環境で労働に目覚めるということも、あるかもしれません。でも現実は、都会でうまくいかないヒトが1人で田舎暮らしをうまく成り立たせるのは難しいでしょう。なぜなら、10年以上ここで都会から山仕事をしに来た人たちを見ていますが、仕事が続くのは家族(お嫁さん)のいるヒトのみだったからです。短期の「きこり体験」ぐらいだったらなんとかなるかもしれませんけど。

1人暮らしから始めてずっと山仕事を続けているヒトは珍しいので、よほど意思が強くて体力がなければむずかしい事なのでしょうね。
夫にこの話をしたら
「真夏の炎天下でやらせてみたらいい( ̄ー ̄)」
と、ニヤリと笑っていました(^^;)。
posted by そま@み熊野ねっと at 20:47 | 語り部

2007年01月22日

やまんばのかみのけ

yamanba.jpg

我が家の庭で、こんなものを見つけました。写真はクリックで拡大表示されます。
枝に絡まっているこの、ヒトの髪の毛そっくりなものは、髪の毛ではなく、菌類です。
山でこういうものが突然木から垂れ下がっていたらびっくりすると思いますが、山にはよくあるもので「山姥の髪の毛」と呼ばれているものです。よく見ると枝毛がいっぱい(^^;)。

旧特用林産研究室さんのページに「山姥の髪の毛」について詳しく書いてありました。やはり、菌類なのですね。「七難の揃毛(そそけ)」として、日本各地の神社仏閣にも納められているようです。
posted by そま@み熊野ねっと at 15:22 | 日記

2007年01月20日

博物館の神在月

昨日鍼灸院に行く途中、速玉大社に立ち寄ると御守授与所の横に島根県立古代出雲歴史博物館のポスターが貼ってあるのを発見しました。
「開館記念特別展『神々の至宝』」
出雲のイベントで、ポスターは熊野速玉大社蔵・国宝「速玉大神坐像」です。
「祈りの道」展に出展されていたあの御神像と同じなんでしょうね。
博物館で、春だけど「神在月」?
日本各地の御神宝が集うようで、面白そうですね。
posted by そま@み熊野ねっと at 11:24 | 日記

2007年01月17日

きょうのわんこ

wanko.jpg

本日撮影のわがやのわんこたちです。ご覧の通り、元気で過ごしています。青龍と玄武、略してリュウちゃんとゲンちゃん(両方とも♂)。耳の茶色い方がゲンちゃんです。
東方守護の神獣・青龍、北方守護の神獣・玄武。名前だけやたら立派ですが、自分の住む地区に畑を荒らすサルがやって来ないように守護してほしいものです(でもサルだけじゃないんだよね・・・イノシシも鹿もウサギetcもやって来るのです。(^^;))。
posted by そま@み熊野ねっと at 12:35 | 日記

2007年01月16日

うたかた

ところでこの日記は旧タイトルが「うたかた日記」でしたが、うたかたとは、泡のこと。泡沫。思いつきでつけたのであまり意味はありません。ボリス・ヴィアンの小説「うたかたの日々」を思い出した方も多いかもしれませんね。

私はまだ読んだことがないですが、昔友人だった子が好きだった本でもあり、訳者によって表現が違うことをあれこれ言っていたのを思い出します。好きな人が胸に睡蓮の咲く奇病にかかってしまう、という状況がなんとも不思議ですが。本当に、翻訳ものは訳者でかなり変わってきますね。
posted by そま@み熊野ねっと at 22:27 | 日記

2007年01月01日

謹賀新年

gantan2.jpg

謹賀新年。皆様、本年もどうぞ宜しくお願いいたします。今年からSeesaaブログで日記をつけることにしようと思います。


写真は元旦・開寅祭(あけとらさい)の熊野本宮大社です。新年の御祈祷をしていただきました。拝殿横の焚火がとても暖かく、真夜中でも多くの人々が参拝していました。

gantan1.jpg

昨年までは第一殿・第二殿に並ぶ参拝客が多かったのですが、今年は主祭神をお祀りしている第三殿への行列が多かったようです。この開寅祭に参拝すると、新年を迎えたという実感がわいてきます。
posted by そま@み熊野ねっと at 22:40 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。