東北の民俗芸能復興を応援する活動のリンク

2007年08月28日

最近の若者

先週末は大斎原で八咫の火祭りだったようですが、23日までのBoot campで体力を消耗したので体を休める為に家で静かに過ごしていました。

本日は午前中から関西の中学生さんたちご一行(90名近く)を、語り部4名で伏拝から本宮大社までご案内でした。しかし中学生さんたち、引率の先生方がいてくださったのでおとなしかったのですが、中年山登り好きさんたちをご案内するよりも歩くのが遅く、なんだかとっても疲れている印象・・・???たった3kmちょっとなのに、「こんなに歩いたのは久しぶりや〜」ですって。きみたち、私より干支ふたまわりは若いだろうに!

たまに学生さんをご案内する事もあるのですが、やはりそんなかんじで疲れやすいみたいです。何なんでしょうね〜、食べ物のせい?

おつかれの中にも、熊野古道の風景のどこかが心に残ってくれていればいいな〜、って思いました。
posted by そま@み熊野ねっと at 10:03 | 語り部

2007年08月24日

Boot Camp

今週は新しい御神楽の練習が毎日みっちりあって、昨日やっと終わったのですが(心では“Boot Camp”って呼んでました)、気がつけば8月ももうすぐ終わろうとしています。龍笛以外の笛ってリコーダーぐらいしか吹いた事がなかったのですが、練習の中の1日半、私も篠笛を教えていただきました。

篠笛というものも本管というものも吹くのははじめてで(いつもは龍笛のプラスチック管)、長い形に慣れるのに難儀してしまいました。でも吹く時の姿勢や笛の持ち方等とても丁寧に御指導いただいたので、その内容が心から飲み込めたら、笛を吹いていて首が苦しくなるということもなくなるのだと思います。本来の笛の吹き方は、体の形に無理のない姿勢になるんですね。

笛を教えてくださった先生は「(笛を吹いていると)健康になります」とおっしゃって、歌の練習の休憩時間に、“休憩”と称して笛を吹き始めていらしたのには驚きました。笛の音が先生の自然な言葉なのでしょう。

***************************

昨晩は久々に長刀踊りの練習。2年ぶりの練習なのではじめは踊り方を忘れていましたが、3回目に踊った時に突然ふっきれて、私の中の長刀スイッチが入りました。そうそう、こうだった!!というのを体の方が記憶しているようです。太鼓の音と歌、長刀を振るリズムが一緒になる・・・。9月2日に山村開発センターの閉会式でご披露ということになると思います。

そういえば先日鍼灸師さんに「笛だけじゃなくて歌とか踊りもおおいにした方がいいよ。本来は静かな人じゃないからね」と云われて、鍼灸師さんの前で騒がしいことした覚えはないけれど、さすが東洋医学、気や脈の流れとかで見破られているんだな!と思い、大笑いしてしまいました。表面しか見ない人は私の事を大人しいヒトだと勘違いするけど、深いところも見てくれているヒトというのは信用できる、と思いました。
私の健康の為にも、エネルギーを発散する場所がおおいに必要なのだということです。
posted by そま@み熊野ねっと at 11:30 | 御神楽

2007年08月12日

岩盤浴

8月もなかばになってまいりました。
先月から岩盤浴に通っています。
熊野では新宮に岩盤浴のお店があり、ここがおすすめです(新宮は女性限定、市立図書館近く)。

岩盤浴は発汗をうながし、新陳代謝や血流をよくしてくれるそうで、私にはとても効果的でした。冷え性ですがだいぶ血流が改善されてきています。

現在は岩盤浴と漢方薬の松寿仙と真武湯と適度な運動+免疫を高める料理を続けています。山間部にいるとどうしても車で移動することが多いのですが、最近は自転車で町内を移動する事も多いです。

体調不良はいきなりやってくる外部からの被害ではなく、食事、睡眠、心身のストレスへの対処状況、適度に運動しているかどうか等、自主的に健康管理するべき事柄が管理できていない場合が多くあるのだろうと自律神経免疫療法の本を読みながら思っています。

病院や薬など外側からとりいれるものにばかり頼らず、自発的な運動(自然に続けられる程度のもの)や日頃の健康管理があってこそ健康維持ができるのだなと思う今日この頃です。
posted by そま@み熊野ねっと at 21:29 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。