東北の民俗芸能復興を応援する活動のリンク

2008年02月27日

炊飯器クッキング

最近、炊飯器でいろいろな調理をしてみるのが楽しくなっています。
これは、先日作ったパエリア。



まあまあおいしかったけど、パエリアは水分が少ない方が本来の味がでると思うので、晩にセットして翌朝食べるより素早く炊いた方がきっとおいしいのではないかと思います。

こちらは14日に作ったチョコケーキ。



これはホットケーキミックスを使った簡単な方法で作りましたけど、自分で言うのもなんですが、めちゃうまでした。ビターの板チョコをとかして入れたのが効いたのかも。

ネットで調べるといろいろな方法があるのでまた試してみたいと思います。
posted by そま@み熊野ねっと at 13:50 | 日記

2008年02月24日

「熊野比丘尼の諸国定着」

新宮の阿須賀神社のとなりにある新宮市歴史民俗資料館の企画展で「熊野比丘尼の諸国定着」という展示が開催されています。
その記念講演で本日は龍谷大学文学部教授の根井浄先生の講演があり、私も行ってきました。

熊野信仰が全国に広まった背景には熊野比丘尼の活躍も大きかったわけで、全国にその痕跡が残っているのを調査された根井先生が「熊野比丘尼を絵解く」
という著書を出版され、その内容に沿った講演でした。本はちょっと高いけど、写真資料(絵など)が多い分希少価値もあるようです。

元々は熊野三山の運営資金を集める為に熊野本願寺院が組織化され、その本願寺から布教・勧進活動をする為に全国に赴いた熊野比丘尼たち。中には赴いた土地で定着する比丘尼もあり、その供養塔や位牌、まつわる歌や絵などが残っているのを調査された貴重な痕跡をうかがうことができました。

比丘尼というとその末期に遊女に身をやつした姿を連想する人も多いようですが、元々は熊野三山の正式な布教者として活躍したその内容を忘れてはならないな、と思いました(根井先生もそれは強調されていたように思います)。

新宮市立歴史民俗資料館の展示は3月30日まで。この期間は入館無料です。

Kさん、情報ありがとうございました♪
posted by そま@み熊野ねっと at 20:35 | 日記

2008年02月04日

よみがえりの地

晴れ。午前中から語り部で9名様をご案内。三軒茶屋までマイクロバスで移動、熊野古道を熊野本宮大社までご案内しました。

このコースは中辺路ルートの中でも本宮大社までの最短距離の古道歩き(本殿解説を含めれば所要時間約2時間)、ゴールまでラスト2kmの部分です。

熊野古道を「ラスト2km」のみ歩くという短さは、私的にはテレビに例えてみると「水戸黄門」でいきなり印籠が出てくる所から見始めるようなもので、「ヤッターマン」でいえばいきなり「今週のどっきりメカ」から始まるようなものだと思うのですが、この短い距離で熊野古道を理解していただくというのがなかなか難しいものです。

でも今日のお客様は熊野が蘇りの地とされてきたことを体感されたようで、「ここで体の中の空気全部入れ替えていきたいな。」とおっしゃっていました。
山の空気でリフレッシュして、蘇って帰っていただけたらいいなと思います。
posted by そま@み熊野ねっと at 22:02 | 語り部
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。