東北の民俗芸能復興を応援する活動のリンク

2011年11月27日

こだま祭と太鼓踊り

11月27日(日)和歌山県田辺市本宮町でイベント「第27回こだま祭」が開催され、熊野本宮伝統芸能教室と大瀬地区出身の保存会の方々による「大瀬の太鼓踊り」(県指定・国選択無形民俗文化財)も復活し、出演を果たす事ができました。

kodama23-1.jpg

9月の台風12号で浸水被害にあった太鼓も修理から帰ってきて、再び演奏できた時は本当に嬉しくて仕方なかったです。衣装や道具、いろいろなものを修復したり新調したりして準備してきた甲斐がありました。
熊野本宮伝統芸能子供教室の子供達も「平治川の長刀踊り」で出演(県指定無形民俗文化財)。

kodama23-2.jpg

みんな、頑張りました。私が洗って修復した長刀も一部あり、本番に使える状態にできてよかった。長刀踊りも太鼓踊りも保存会の音頭取りさんの生歌なのがとても嬉しいです。

今回のイベントはYahoo!ニュースにもなりました。
「被災後の町に活気 こだま祭にぎわう」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111128-00000008-agara-l30

台風被災後いろいろな方に現状を気にかけていただき、有難うございます。
「ふるさと岩手の芸能とくらし研究会」様からは御見舞いをいただきました。
blogとりら記事「田辺市本宮町へ」
http://torira.exblog.jp/16537529/
東北の皆様も大変な時にこちらにもお気遣い頂き、感謝で一杯です。本当に有難うございました。おかげさまで熊野も復興に向かっています。被災地の生活の基盤が築かれ、東北も熊野もお互いの土地の伝承と芸能が受け継がれますよう、願っています。

※まだお読みでない方は、ぜひお読みください。↓※

2012年3月まで受付中:岩手三陸沿岸の民俗芸能応援募金
「とりら募金」

http://torira.exblog.jp/16022642/
posted by そま@み熊野ねっと at 23:57 | 伝統芸能
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。