東北の民俗芸能復興を応援する活動のリンク

2011年12月15日

花の御湯

十津川村の折立の橋が復旧し168号線を本宮から五條まで抜けられるようになり、久々に、大和路・奈良市へ。明治以来の災害を乗り越えて、また大和路へ行けるのが嬉しいです。
「春日若宮おん祭り」の始めに斎行される、大宿所祭の「御湯立(みゆたて)の式」を拝見しました。

江戸時代の日光社参詣曼陀羅図(この日光社は護摩壇山西北)で巫女さんが鈴を持って湯立釜のそばにいる姿が描かれていますが、そういう昔ながらの湯立を拝見したく思っていました。
湯立は12月15日午後2時半、午後4時半、午後6時の3回。猿沢池近くの餅飯殿(もちいどの)通り商店街の途中に、大宿所はあります。
「♪尾ーのーあーるー鳥ーとー 尾ーのーなーいー鳥ーとー…♪」
餅飯殿(もちいどの)通りを歩いていたら、おん祭りの懸物(かけもの。捧げ物)にちなむわらべうたが流れていました。尾のない鳥とは、兎のこと。肉食が許されない中で兎だけは鳥として食べても良かったので一羽、二羽、と数えていたそうです。

http://www.kasugataisha.or.jp/onmatsuri/pop/pop_osyuku.html


さて、大宿所へ。御湯立をなさるのは、ベテラン湯立巫女さん。「そねったん」とも言うそうです。初回からたいへん混雑し、1度目はほぼ見えませんでしたが2回目でやっと拝見でき、湯立巫女さんの優しく語りかけるような祝詞奏上に、心穏やかになりました。

miyutate1.jpg

「…南は蔵王権現様の、花の御湯(おんみゆ)なーり!さよーうさ、さよーうさ、さよーうさ…」

と、唱えながら湯立巫女さんが笹の葉で湯釜の御湯を振りまきます。さよーうさ、は神道の作法の「左右左」のことだと思われます。
花の御湯、という言葉で奥三河「花祭り」の湯立を連想しましたが、湯立の枕詞として「花」という言葉が昔からあったのでしょうか。

巫女さんが腰に巻いている縄は「サンバイコ」といい安産祈願のお守りとして、このお祭りの時に授与されるのだそうです。身近なオメデタさんへのお土産に。巫女さんの鈴には昭和33年に奉納された銘がありました。先祖代々、受け継がれている湯立なのだそうです。

5時からも巫女神楽等の神事が斎行され、おん祭りの中心神事は18日まで続きます。
今回は300年ぶりの別願(べちがん。特別な祈願)として、東日本大震災と紀伊半島大水害の復興祈願に舞楽「甘州」「敷手」が奉納されたとのことで、おん祭りで紀伊半島の復興も願われたことに感慨深く思いました。願いが天に、届きますように。
私は15日の行事のみ拝見しましたが、次にうかがう時は舞楽も拝見したいです。

ooshukusho.jpg

☆フォト蔵に「御湯立式(みゆたてしき)」スライドショーUPしています。
http://photozou.jp/photo/slideshow/1883126/5739012
posted by そま@み熊野ねっと at 23:17 |
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。