東北の民俗芸能復興を応援する活動のリンク

2012年06月25日

大瀬の馬頭観音さんへ

 熊野本宮大社が旧社地から現在の高台へ遷り120年目になる記念行事「熊野本宮大社正遷座120年大祭」が今年から始まり、例大祭も普段ない行事が加わったりなかなか忙しかったのですが、ブログ、久々の更新です。

ooze2012.6.25.JPG

観音橋の下、四村川の清流

 今日は朝から町の小学生たちと一緒に本宮町・大瀬地区の山を登って馬頭観音さんにお参り、大瀬の人達にお話をうかがい、いろいろと教えていただきました。今年の運動会で「大瀬の太鼓踊り」を踊る5年生達は14人で、今週から学校での稽古が始まるのです。息を切らしながら山を登り、20分ほどで馬頭観音さん(吉祥庵)に到着しました。

oosugi.JPG

 お堂前の大杉

 お参りの後、お話を聞いていると途中で畳の上にヒルが出現!
誰かの足にくっついてきたのか、この季節は植林の山でもこのあたりはヒルが出るのです。地区の方達が出発前に袋に入れた塩を渡してくださったので、その塩で退治することができました。ヒルは歩いている後の方の人につくらしく、先の人が通り過ぎた後に鎌首をもたげて立ち、次の人を待っているのだそうです((((;゜Д゜)))。木の上から落ちてくることもあるので要注意ですね。

batou-ema.JPG

 奉納されている馬の絵

 ケヤキで出来たお堂内に奉納された沢山の馬の絵を観た後にまた下山し、公民館へ。音頭取りさんのお話で太鼓踊りや地区の歴史を学び、その後に実践練習。太鼓打ちと扇の踊りに分かれて練習後、音頭取りさんの歌に合わせて輪になって踊りました。子供達は覚えが早く、もう基本のリズムを理解した子もあったようです。

CA3G0457.JPG

 公民館で踊りの練習

 にぎやかに子供達が去った後、保存会の方が平成3年の盆踊りの記録を持ってきてくれて、私も一緒に観賞させていただきました。
20年ほど前の貴重な記録。踊りは常に切れ目なく動き続けて振りも大きく扇もびしっと揃っていて、シナもかっこいい!公民館の壁に貼ってある盆踊り目録に25曲書いてありますが、ここの「太鼓踊り」はそのうちで最も人気のあった曲(4部構成の1曲)なのです。この1曲でも覚えるのに時間がかかりますが、25曲踊れるというのはすごくかっこいい、と思いました。

 観ているうちに扇を持って踊り出す人もいて、私も一緒に扇の持ち方など教わりながら、踊らせていただきました。 今年の盆踊りはどうなるかまだわからないけど、ぜひまた集まって、踊れたらいいな。
posted by そま@み熊野ねっと at 18:41 | 伝統芸能
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。