東北の民俗芸能復興を応援する活動のリンク

2013年03月28日

映画「千年の愉楽」

熊野出身の作家・中上健次氏原作の映画「千年の愉楽」(若松孝二監督作品)が全国で公開中です。
http://www.wakamatsukoji.org/sennennoyuraku/
私は先月中上氏の郷里・新宮での先行上映会を拝見。俳優さん達の舞台挨拶もあり会場は賑わい、パンフレット販売所は行列ができ、会場の新宮市民会館はほぼ満席でした。
出演陣それぞれの個性が光っていたと思うけど、いやはや、寺島しのぶさんの演じるオリュウノオバが良かった。科白のない場面でも、思いが伝わってきます。



夫の礼如(毛坊主)との会話で
「読み書き出来んモンはの、覚えなんだら無かったことになってしまう。」
と、もの覚えの良いオリュウノオバは言います。しかし人の中に流れる血は、忘れようとしても無かった事にはなってくれません。中本の男達は、血の宿命に抗えず凄惨な運命を辿ってゆきます。見守り続ける路地の産婆・オリュウノオバの存在感…。

映画のロケ地は東紀州の熊野・三重県尾鷲市須賀利(すがり)。海の風景は原作の路地にはないようだけど、映画「千年の愉楽」にはなくてはならない風景になっていると思います。

所々に物語の生と死の象徴のように映る熊野の磐座「花窟(はなのいわや)」の姿も良かった。中でも靄の立ち込める花窟というのは初めて観たけど、パンフレットを見ると山々に濃い霧のかかる日に急遽監督がスモークの準備をして撮りに行ったようです。美しい。

そして主題歌。あれ、この唄声は・・・と思ったら、民謡好きな人に薦められた奄美の中村瑞希さん(中村瑞希&ハシケン)でした。
「バンバイ」(中村瑞希&ハシケン)
icon
作品世界を表し、オリュウノオバと路地の男達の生き死にを感じさせる歌詞と曲。今の映画やドラマは「この作品に、この歌でなければ。」という歌が少ないように思いますが、この映画はこの歌であってこそ生きたと思います。

icon
icon
iTunesへリンク
posted by そま@み熊野ねっと at 14:12 | 日記

2011年09月15日

台風12号後の熊野本宮

9月初旬の台風12号の影響により、しばらくネットが使えなかったのですが本日復旧致しました。お気遣いいただいた皆様、有難うございました。我が家は無事です。

98367554_org.v1316092221.jpg
9/12、大斎原の様子。

熊野本宮の台風被害について、み熊野ねっとにUPしています。
http://www.mikumano.net/nikki/taifu120904.html
http://www.mikumano.net/nikki/taifu120903.html
http://www.mikumano.net/nikki/taifu12.html
熊野三山の中では那智山が一番被害が大きかったことと思います。
紀伊半島の皆様の生活基盤が1日も早く復旧できますよう、願っています。
posted by そま@み熊野ねっと at 23:57 | 日記

2011年07月09日

昭和の佐渡の思い出

佐渡の携帯動画投稿サイト「佐渡ワンダー動画」に久々に投稿させていただきました。今年の3月に帰省した時、実家でみつけた昭和38年(1963年)8月の佐渡の写真です(動画は15秒)。※動画サイトは終了したようです。
元の写真が見やすいように、動画中の写真のうち4枚ほど載せておきます。

sado-s.38-2.jpg

早朝の佐渡の浜。

今から約半世紀前なのでまだ自分自身の影も形もない頃の写真ですが、祖母の郷里に家族が旅した時のものです。スライドショーにして携帯で撮りました。

sado-s.38-3.jpg

ドンデン山。

sado-s.38-4.jpg

両津港を出る「ゆめじ丸」。

写真横の字は祖父の字です。昔の佐渡は「詩と絵の島」だったんですね。

sado-s.38-1.jpg

尖閣湾遊覧記念切符。


私は期せずして昨年(この写真の47年後)同じ8月に新潟港から両津港へ向けて佐渡に渡ったわけですが、その時の記事はこちら。佐渡、また行きたいなあ。
タグ:佐渡 昭和
posted by そま@み熊野ねっと at 13:18 | 日記

2011年02月24日

海を守る人達

今日は熊野のことではないのですが、最近気になる話題を。
Twitterやインターネットを中心に高い関心が持たれている、山口県の上関という地域に原発建設計画の話があるのをご存知ですか。
毎日新聞の記事
Twitterの上関タグへのリンク
瀬戸内海にあるその建設予定地から4kmしか離れていないところには祝島(いわいしま)という島があります。スナメリや国際的な危急種であるカンムリウミスズメの生息も確認されている自然豊かな場所で、WWFの支援する祝島自然エネルギープロジェクトが立ち上がりました。

海と暮らしを守るために祝島の方々は約30年も原発建設に反対し続けてきたのに、数日前から突然工事が強行されはじめました。
なぜかテレビで報道されず、電力会社がスポンサーになっているわけでもないNHKですら報道をしないのが不思議なので、もっと報道の人達は関心を持ってほしいものです。

祝島のことは昨年本宮でも上映会があった「ミツバチの羽音と地球の回転」という映画にとりあげられていたことで知りました。

不思議に思うのは現代人は毎日電気を使っているのに、その電力供給源として日本に沢山ある原子力発電所について発言することが何か特殊な組織や思想にくみしていないといけないような感覚がある人が多いのではないでしょうか。私はそういった事と別に、居住地が都会であるとか田舎であるとかも関係なく、賛成・反対に関わらず(この映画は原発反対側の視点です)、一生活者としての思いをそれぞれが述べていいのだと映画を観て思いました。

祝島は漁業や農業が中心の島で、千年の歴史を持つ「神舞(かんまい)」という県指定無形民俗文化財の神事もあります。
http://www.iwaishima.jp/home/kanmai/kanmai.htm

日々民間の方々がインターネットで上関原発建設予定地から中継なさっているので見ています。工事予定地がどういう状況なのか、中継をご覧になってみてはいかがでしょうか。
今日(2/24)は議員さんたちが視察に来るから昨日までとはうってかわって「強行」はないかもしれませんが・・・どうなるかわかりません。対立でなく島の方々の暮らし・漁業が守られる方向での対話が進んでほしいです。

中継URL
http://ustre.am/uiOX
タグ:祝島
posted by そま@み熊野ねっと at 15:10 | 日記

2011年01月14日

今年もよろしくです・近況

新年1月もなかばを過ぎてしまいましたが、皆様あけましておめでとうございます。本年もどうぞ宜しくお願いいたします。
現在はTwitter主体で佐渡の記事途中で新年になってしまいましたが、続きは過去ログとしてUPしてゆきたいと思っています。

佐渡滞在中に二宮神社で拝見した熊野本宮が舞台の謡曲「巻絹」を撮影した動画「二宮神社の薪能」(15秒)が、「佐渡ワンダー動画」という携帯動画投稿サイトの動画コンテストに入賞し、「朱鷺と暮らす郷」というお米をいただきました!携帯動画のみの投稿サイトで15秒という制限はありましたが、おかげさまで我が家の昨年の秋は佐渡のお米で過ごすことが出来ました。スタッフの皆さん、有難うございました(※動画サイトは終了したようです)。

そしてお米のお礼動画として投稿した「佐渡お米美味しいワン」という、我が家のわんこたちとお米を撮影したとてもゆるい動画が今年に入って再生回数1000回を超えました。まさかうちのわんこたちが佐渡のサイトでそんなに閲覧されると思わなかったのですが、ご覧いただいた皆様有難うございます。
佐渡のお米、みずみずしくて本当に美味しいです。また行きたいなあ。
タグ:佐渡
posted by そま@み熊野ねっと at 23:46 | 日記

2010年08月19日

佐渡の旅その1

8月19日から23日迄、新潟県の佐渡島に行ってきました。佐渡は母方の祖母の出身地。前々から行きたかった場所で、やっと行く機会を得られました。紀伊田辺まで夫に送ってもらい電車で天王寺へ、大阪の伊丹空港から新潟まで飛行機で移動。海を渡らない新潟の山間部は祖父の出身地で子供の頃毎年行っていたのですが、久々に行ってみたら新潟市周辺の平野の多さに驚きました。

懐かしの新潟はバスの乗り換えが複雑でしたがTwitterの新潟県民さんに教えていただき難なく乗り換えることができました。県民某様、有難うございました♪新潟駅ジュンク堂で佐渡市の地図GET、朱鷺メッセ経由佐渡汽船行きのバスで佐渡汽船乗場へ、そして14時4分ジェットフォイルに初乗船。鼓童のイベントアースセレブレーションにむかうと思われる外国からのお客さんもちらほら。横に海上保安庁の船が見えました。

佐渡汽船ジェットフォイル

今回の佐渡行きは様々な要因が重なっての事でしたが、一番大きかったのは祖母の育った所ってどんな所なのだろう?という自分の中の気持ちです。それとTwitterでの鬼太鼓の話題や佐渡の話題があったこと、アースセレブレーションの蘭情さんの笛工房(笛作りのワークショップ)に申し込んだ事、松田弘之さんが能管を演奏される薪能の上演、熊野本宮が舞台の謡曲「巻絹」の上演、島内の熊野神社巡りなどが決定打になりました。

船がだんだんと島に近づき、きらきらした陽のさす海の向こうに佐渡島が見えてきた時はその美しさに感動しました。ある人が、こんなに龍が沢山住んでいる島ははじめて見た、って言っていたのもなんとなくイメージがわくように思いました。

島に到着すると、とてもほっとする空気を感じたのは自分の中にも佐渡の血が流れているからでしょうか。土産物店では鬼太鼓TシャツをGET♪両津でレンタカーを借り、佐和田の旅館にチェックインしてから相川下戸村の熊野神社を参拝。(参詣記はこちらにUP)。佐渡には熊野神社がたくさん鎮座しています。kosadoさん製作・佐渡熊野神社一覧

佐渡・相川の夕日

相川の地区は熊野比丘尼の拠点があった為か、熊野神社の数が多い所です。海に沈む夕日の美しさにも感動しました。
その近くの春日神社能舞台ではアースセレブレーションプレイベントとして薪能があり、能「屋島」、狂言「酢薑(すはじかみ)」、創作ダンス「鶴女房」が上演されました。私は舞台に近いゴザ席に座って拝見。

佐渡・春日神社能舞台

お世話になっている笛の先生と今年の本宮祭でお話ししていて、松田先生の能管の素晴らしさを伺っていたのでとても楽しみにしていました。篝火が焚かれて陽が落ちてゆく中で、木立から鳥か何かの生き物の声が上がったのだろうかと思ったのですが、舞台袖からの松田弘之さんの能管の音でした。聴く人の生命力を喚起させるような能管の音、生で聴く機会はなかなかないけれど、生の音って本当に素晴らしいと思いました。この日が私の薪能初体験となりました。

薪能後、夕飯をどうしようかと思っていたところTwitterのKosadoさんのお店を思い出し、迷うぐらいならKosadoさんの所に行こう!と、カーナビ作動させてRestaurant&Bar KOSADOへ。こちらのお店はランチが11時〜14時、ディナーが17時〜21時、バーが21時〜23時で夜遅くまで開いている店の少ない佐渡では貴重な存在です。丁度お店にいらしたKosadoさんとmigakiyaさんに初対面♪熊野神社巡りのアドバイスをいただいたり、ありがたい1日でした。

佐渡観光協会ブログ佐渡演能スケジュール
タグ:佐渡
posted by そま@み熊野ねっと at 23:08 | 日記

2010年08月02日

今年の大賀蓮と田辺祭

hasu-22.jpg

こちらのブログではご無沙汰しておりますが元気です。Twitterでは毎日なにか書いています。過去日記もひとつ記事をUPしました。
さて写真は口熊野・上富田の今年の大賀蓮。7月25日に撮影したものです。この日は仕事が早く終わったので、蓮の開花を観に行き、そして恒例の「田辺祭」へ行きました。

tanabe-22-3.jpg

Twitterと連動した画像はこちらをどうぞご覧下さい。
http://twitpic.com/28v7j6
posted by そま@み熊野ねっと at 17:08 | 日記

2010年04月11日

あさってから湯登神事

おひさしぶりです。Twitterでは毎日何か書いているのですが、ブログがちょっと遠くなっていました。
熊野本宮は現在桜のピークを過ぎましたが、先日撮った画像を貼っておきます。

大斎原前の音無川沿いに、桜と大日山が写っています。あさって13日からはじまる例大祭・初日の湯登神事ではこの大日山を越えて大斎原前の札の辻まで渡御します。

私も祭の中の八撥神事(やさばきしんじ)の御神楽で参列の為、笛を持ってこの山を登ります。この日(13日)の笛は短いフレーズで終わりますが、御神楽の好きな方は15日の渡御祭〜斎庭神事をご覧になってみてはいかがでしょう。地元中学生たちの舞と御神楽が奉奏され、私も笛を吹いています。

旧社の桜

お天気、もってくれますように。
posted by そま@み熊野ねっと at 21:01 | 日記

2010年03月05日

What A Wonderful World

最近雨続きの熊野でしたが久々に晴れ。
暑いぐらいの陽気です。
家の裏山に山桜が咲きました。

yamazakura.jpg

本日は父の命日で実家に花を送りました。来年で10回忌。昔の日記に当時の事が書かれていて、午前1:06に息をひきとったと記録しています。当時のお葬式の日記より↓

お葬式には本人の希望通り「酒」と「葉巻」と「マンボ」を用意しました。出棺の前の献花の時に、棺の中に紙コップにいれた酒と葉巻とヤタガラスのお守りを入れて、「S盤アワー」をかけたのです。場内にペレス・プラード「エル・マンボ」「マンボ・5」アントン・カラス「第三の男」グレン・ミラー「ムーンライト・セレナーデ」等が流れました。父も、ペレス・プラードなら文句ないでしょう。

マンボ葬だったのです。御守りは、入院中に渡していました。サントリーのダルマが好きだったのを懐かしく思いつつ、朝からサッチモ(Louis Armstrongの愛称。父はそう呼んでいた)の曲「What A Wonderful World」を聴いていました。
私の音楽好きのルーツは、父にあるといってよいでしょう。
タグ:
posted by そま@み熊野ねっと at 23:02 | 日記

2010年01月08日

シエルエメールでランチ

ブログではご無沙汰です。あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。Twitter、日々更新中。ページ右側の「最近の記事」の下に表示されています。

年末年始、夫も私も仕事で大忙しでしたがやっと落ち着いてきました。お正月三が日は本宮大社に約30万3000人もの初詣客があったそうで、河原の400台とめられる駐車場もすぐいっぱいになっていました。

-------------------------------------------------------------

ブリュレ
上の写真はデザートのクリームブリュレ。おいしかった。

さて8日、新宮市三輪崎のカジュアルフレンチ・シエルエメールでランチをいただきました。神武天皇上陸地とされる場所にほど近い所です。

私は1月のランチ(1500円)、夫はシェフの気まぐれランチ(3500円)を。夫の方はお正月スペシャルメニューで世界3大珍味が盛り込まれていました。うーん、お特だったね♪

http://mikumano-net.seesaa.net/article/137767398.html

ト○ロ一家

こちらはシェフの奥様お手製の、コルク製となりのトト○一家。めっちゃかわいくて写真とりまくってしまいました♪
posted by そま@み熊野ねっと at 23:26 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。