東北の民俗芸能復興を応援する活動のリンク

2011年11月27日

こだま祭と太鼓踊り

11月27日(日)和歌山県田辺市本宮町でイベント「第27回こだま祭」が開催され、熊野本宮伝統芸能教室と大瀬地区出身の保存会の方々による「大瀬の太鼓踊り」(県指定・国選択無形民俗文化財)も復活し、出演を果たす事ができました。

kodama23-1.jpg

9月の台風12号で浸水被害にあった太鼓も修理から帰ってきて、再び演奏できた時は本当に嬉しくて仕方なかったです。衣装や道具、いろいろなものを修復したり新調したりして準備してきた甲斐がありました。
熊野本宮伝統芸能子供教室の子供達も「平治川の長刀踊り」で出演(県指定無形民俗文化財)。

kodama23-2.jpg

みんな、頑張りました。私が洗って修復した長刀も一部あり、本番に使える状態にできてよかった。長刀踊りも太鼓踊りも保存会の音頭取りさんの生歌なのがとても嬉しいです。

今回のイベントはYahoo!ニュースにもなりました。
「被災後の町に活気 こだま祭にぎわう」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111128-00000008-agara-l30

台風被災後いろいろな方に現状を気にかけていただき、有難うございます。
「ふるさと岩手の芸能とくらし研究会」様からは御見舞いをいただきました。
blogとりら記事「田辺市本宮町へ」
http://torira.exblog.jp/16537529/
東北の皆様も大変な時にこちらにもお気遣い頂き、感謝で一杯です。本当に有難うございました。おかげさまで熊野も復興に向かっています。被災地の生活の基盤が築かれ、東北も熊野もお互いの土地の伝承と芸能が受け継がれますよう、願っています。

※まだお読みでない方は、ぜひお読みください。↓※

2012年3月まで受付中:岩手三陸沿岸の民俗芸能応援募金
「とりら募金」

http://torira.exblog.jp/16022642/
posted by そま@み熊野ねっと at 23:57 | 伝統芸能

2011年09月15日

台風12号後の熊野本宮

9月初旬の台風12号の影響により、しばらくネットが使えなかったのですが本日復旧致しました。お気遣いいただいた皆様、有難うございました。我が家は無事です。

98367554_org.v1316092221.jpg
9/12、大斎原の様子。

熊野本宮の台風被害について、み熊野ねっとにUPしています。
http://www.mikumano.net/nikki/taifu120904.html
http://www.mikumano.net/nikki/taifu120903.html
http://www.mikumano.net/nikki/taifu12.html
熊野三山の中では那智山が一番被害が大きかったことと思います。
紀伊半島の皆様の生活基盤が1日も早く復旧できますよう、願っています。
posted by そま@み熊野ねっと at 23:57 | 日記

2011年07月09日

昭和の佐渡の思い出

佐渡の携帯動画投稿サイト「佐渡ワンダー動画」に久々に投稿させていただきました。今年の3月に帰省した時、実家でみつけた昭和38年(1963年)8月の佐渡の写真です(動画は15秒)。※動画サイトは終了したようです。
元の写真が見やすいように、動画中の写真のうち4枚ほど載せておきます。

sado-s.38-2.jpg

早朝の佐渡の浜。

今から約半世紀前なのでまだ自分自身の影も形もない頃の写真ですが、祖母の郷里に家族が旅した時のものです。スライドショーにして携帯で撮りました。

sado-s.38-3.jpg

ドンデン山。

sado-s.38-4.jpg

両津港を出る「ゆめじ丸」。

写真横の字は祖父の字です。昔の佐渡は「詩と絵の島」だったんですね。

sado-s.38-1.jpg

尖閣湾遊覧記念切符。


私は期せずして昨年(この写真の47年後)同じ8月に新潟港から両津港へ向けて佐渡に渡ったわけですが、その時の記事はこちら。佐渡、また行きたいなあ。
タグ:佐渡 昭和
posted by そま@み熊野ねっと at 13:18 | 日記

2011年07月05日

本宮祭のお神楽

Twitterの"獅子舞フォーラム"というコミュと"民俗芸能STREAM"のメンバーでいらっしゃるkmauiupopoさんの「カムイのブログ」から、平成23年度本宮大社例大祭の動画と画像をいただきました。有難うございます。
http://blogs.yahoo.co.jp/kamuiupopo/9848349.html
画像は今年の例大祭の記事に転載させていただきました。



御田植神事。画像提供 kmauiupopoさん

例大祭のお神楽は八撥(やさばき)、神歌(かみうた)、大和舞(やまとまい)、巫女舞(みこまい)、御田植(おたうえ)がありますが、神歌以外の動画1分前後の映像を転載させていただきます。例大祭は4月13日〜15日の3日間ですが、お神楽奉奏は4月13日と15日のみです。神歌と大和舞の歌詞はみ熊野ねっとのページをご参照下さい。

---------------------------------------------------------------------------------

4月13日

湯登神事のお神楽(湯登神事の渡御は午前9時30分頃本殿出発、湯峰へ移動)
八撥(氏子総代の掛け声・太鼓、伶人の笛による曲。午後1時頃湯峰王子、その後、月見岡神社にて奉奏。主に田辺市内の3歳前後の地元児童が務めます。)
神歌(氏子総代の歌・太鼓による曲。本殿から真名井社近くまで。)

●宮渡神事のお神楽(夕刻5時頃から)
八撥(拝殿、大斎原、真名井社にて)
神歌(本殿〜大斎原〜真名井社の渡御の間)

4月15日

●本殿祭のお神楽

本殿祭は朝8時から。新作神楽「熊野」(熊野古道をイメージした曲。篠笛、箏、ギター、地元児童の合唱、神職1人による舞)、「祈り」(水の循環・変容をイメージした曲。篠笛、箏、ギター、巫女2人の舞)。2曲のうち1曲の舞が奉納されます(生演奏でない日もあります)。

●渡御祭のお神楽

神歌(午後1時頃から、渡御の間。)



渡御のお神楽

渡御の間、神歌と交互に修験者による法螺貝、雅楽伶人による越天楽奉奏などがあります。



真名井社での八撥


八撥神事(本殿前、真名井社、大斎原、還御後また本殿前にて奉奏)

●斎庭神事のお神楽



大和舞

大斎原の石祠横に設けられた祭祀場で地元中学生男子4名による舞、氏子総代による歌・太鼓、伶人による龍笛にて奉奏されます。



巫女舞

大和舞に続き同じ場所で地元中学生女子4名による舞、氏子総代による歌・太鼓、伶人による龍笛にて奉奏されます。



御田植神事


巫女舞に続き同じ場所で神職の導きにより地元小学生男女による田植を模した所作(小学校低学年男子が苗籠、えぶり、鋤を持ち、小学校低学年女子が苗にみたてた榊を持つ早乙女になります)氏子青年会員による歌、伶人による太鼓、龍笛にて奉奏されます。

御田植神事の後は同じ場所でまた八撥神事があり、本殿に還御します。

●還御祭

大斎原から本殿に還御して最後の八撥(年によって違いますが夕方4時か5時ぐらいまで)。
湯登神事から何度も繰り返した八撥が、この時に最も長く行われます。現在の御本殿は第一〜四殿までですが、最後の八撥は第一殿、第一殿と二殿の間、二殿、三殿、四殿、最後にまた第二殿の順に、計6回行います。第一・二殿において計4回八撥が行われることになり、これは熊野夫須美神、事解之男命、速玉大神、伊弉諾尊、という元々の御祭神に合わせての事になります。

---------------------------------------------------------------------------------

付記

昭和の本宮祭について
http://mikumanosoma.seesaa.net/article/206702926.html
明治期の本宮祭について(記事後半)
http://www.mikumano.net/photo/hongu23/index.html
posted by そま@み熊野ねっと at 21:43 | 御神楽

2011年06月30日

被災地の民俗芸能復興支援の活動

被災地の民俗芸能復興支援の活動を、前記事に続きご紹介させていただきます。リンク先各HPを熟読の上、ご支援・ご賛同いただける方はどうぞ宜しくお願いいたします。
情報ご提供いただきました「民俗芸能STREAM」の西嶋さん、有難うございます。

●岩手の民俗芸能を応援する募金「とりら募金」
http://torira.exblog.jp/16022642/
(ふるさと岩手の芸能とくらし研究会様)

●岩手県陸前高田市 長砂七夕祭組
http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=nagasuka_tanabata
(上記HP、閉じられたようです)
8月6、7日開催の「うごく七夕まつり」公式HP
http://www.rikuzentakata.tv/
blogとりらの記事(山車復活のための義援金募集等掲載)
http://torira.exblog.jp/16188188/


●宮城県石巻市 雄勝法印神楽
http://www.geocities.jp/hoinkagura/
お神楽の復興支援金募集の告知や現地の被災状況について掲載。
(雄勝法印神楽様)

●東日本大震災 芸術・文化による復興支援ファンド
http://arts-fukkou.blogspot.com/
(企業メセナ協議会様)

●祈りのバチ
http://www.miyamoto-unosuke.co.jp/shop/bachipray/
太鼓のバチをオンラインショップで販売中。購入代金のうちレーザー彫刻代が企業メセナ協議会の「芸術・文化による復興支援ファンド」へ寄付されます。
(宮本卯之助商店様)

●東日本大震災 自然・文化遺産復興支援プロジェクト
http://www.national-trust.or.jp/shinsaishien.html
被災により継承が困難になった民俗文化財や無形文化財の修理・復旧等への助成。募金受付期間は平成25年3月31日までを予定。
(財団法人日本ナショナルトラスト様)

●(社)全日本郷土芸能協会
http://blog.canpan.info/jfpaa/archive/89
被災した地域の郷土芸能情報がまとめて掲載されています。各団体へのリンクもあります。
(全日本郷土芸能協会様)

gonsama-5.jpg

特に民俗芸能の活動団体・支援団体様を掲載させていただきました。
東北と熊野は1000年もの昔から深い御縁があり、ご当地の郷土芸能には熊野信仰にかかわる芸能や、素晴らしい演目が沢山伝えられています。上記団体様方の他にも民俗芸能を応援するための支援活動の情報が「民俗芸能STREAM掲示板」に多数掲載されていますので、是非ご参照ください。
http://minzokugeinou.bbs.fc2.com/
(民俗芸能STREAM様)
posted by そま@み熊野ねっと at 23:17 | 民俗芸能
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。